【連れ出し】タイミングは?内容は?断られた場合は?

ナンパの声かけに成功したら、次は連れ出しです。

と言っても、初心者にとっては高いハードルですよね。

いつ連れ出し打診すればいい?

女性になんて言えばOKしてもらえる?

断られた後は引き下がるべき?

今回は連れ出しを成功させるための3つのポイントについて紹介します。

いい感じに話が盛り上がったら、連れ出しを提案していきましょう。

ポイント①タイミング命

「連れ出し打診のタイミングが分からない」という方が多いですよね。

最も分かりやすいのは会話で欲望が表れる時です。

例えば、

  • お腹すいた
  • のどが渇いた
  • 足が疲れた
  • 荷物が重い

といった言葉が女性から出てきたら、すかさず打診しましょう。

その欲望を満たす提案をしてあげます

例えば、空腹ならカフェ(スタバ)・ファミレス・居酒屋など食事ができる場所を提示し、「奢るよ」と添えます。

ナンパをする前に周辺の連れ出し先候補を調べておくとスムーズです。

女性からのサインを逃さないよう会話に集中しましょう。

ポイント②要点を伝える

連れ出しで重要なのは、女性の不安を取り除いてあげること。

漠然と連れ出しを打診すると、「危ないところに連れて行かれないかな?」と警戒されてしまいます。

  • 何をするのか
  • どこに行くのか
  • どのくらいの時間がかかるのか

この3点を女の子に伝えることで、安心してついてきてくれます。

例えば、

「喉乾いたでしょ?5分とか10分でいいから、そこのカフェでお茶して話さない?」

などと提案しましょう。

きちんと行き先などを伝えることで、お茶やカラオケに連れ出せる確率が上がります。

ポイント③お願い打診はNG

連れ出しは押しの強さが求められますが、いわゆる「お願い打診」は避けましょう。

一度断られた後に、

「ホントちょっとだけでいいから!」

「お願い!」

と言っていませんか?

このようなフレーズを言った時点でOKをもらうのは難しくなります。

女性の立場から見ると、必死さに引いてしまうのです。

もし断られたら一旦切り替えて普通の会話で楽しませて、誘って、楽しませて、誘ってを繰り返しましょう。

「お願い打診」ではなく「一緒にいて楽しいかも」と思わせることで連れ出しやすくなります。

まとめ

ナンパ初心者が迷う連れ出しについて、成功のコツをまとめました。

  • ポイント①タイミング命
  • ポイント②要点を伝える
  • ポイント③お願い打診はNG

楽しい雰囲気を作り、女性が気持ちよくなったところで連れ出しを提案しましょう。

一度断られたからと言って凹まずに、会話を盛り上げて笑顔を引き出しましょう。

連れ出しができるようになれば、理想の女性をゲットできる確率がアップします。

おすすめの記事