【スタバですぐに実践できる】自然な出会いを作り出すカフェナンパのコツ

カフェで有名な「スターバックス コーヒー」。

 

厳選された美味しいコーヒーだけでなく、SNS映えする期間限定ドリンクがとても魅力的。

 

いつも混んでいて、老若男女問わず大人気ですよね。

 

 

そんなスターバックスでナンパをすることを、「スタナン」と言うんだとか。

 

 

カフェでナンパって落ち着いた環境の中なので、そこまで女性から警戒心を持たれにくいナンパスタイルです。

 

 

 

「スタバでナンパって、実際どうなの?」

 

「カフェでナンパって、ハードルが高そう・・・」

 

 

カフェナンパって難しそうに思われがちですが、カフェという環境を最大限に活かせるのがポイント!

 

 

「スタナン」を是非攻略して、新たな出会いの可能性を広げましょう!

 

 

 

カフェナンパは自然な出会いになりやすい

 

意外と思われがちですが、実は「カフェでナンパ」って自然な出会いになりやすいのです。

 

 

要は、「いかにもナンパらしい声の掛け方」さえしなければいいのです。

 

 

スタバに一人で来る女性で「ナンパ待ち目的」っていうのは、皆無だと思っても過言ではないです。

 

スタバは店内の内装や照明、BGMがとても落ち着いている環境です。

そんな環境下で、「スタバはナンパスポット」という考え方の女性は、なかなかいないのではないでしょうか。

 

 

そこで「今一人?」など、あからさまなナンパの声の掛け方をするとすぐに警戒されてしまうでしょう。

 

 

「とても自然」で「とても偶然的」を装うことができれば、「まさかこれがナンパだった」なんて、声をかけられた女性は思わないわけです。

 

 

大体の女性は「あからさまなナンパ」は警戒しますし嫌がる傾向ですが、「自然な成り行きで知り合う」ことに関しては、大して気にしません。

 

「街中で声をかけられて知り合った人」はナンパという認識ですが、「カフェで自然に話して知り合った人」に関してはナンパという認識は薄いです。

 

 

男性よりも女性は、知り合う形にこだわりを持ちます。

 

 

「のちのち良く考えてみたらナンパだったのかな?」 と思うことはあっても、カフェで自然に話しかけられたところで「これってナンパだ!」と気づく女性は恐らくいません。

 

 

もちろん先ほど申し上げたように、いくら落ち着いた雰囲気のスタバだからといって「あからさまなナンパの声の掛け方」は警戒されてしまいます。

 

 

一体どんな声の掛け方をすれば、スタバで女性に声をかけても反応してもらえるのでしょうか?

 

 

 

女性目線で印象の良い声のかけ方

 

基本的に女性一人でスタバにくるということは、一人で何かしらの作業をしていたり気分転換にきているのはず。

 

一人で集中している、もしくはリラックスタイムのなかで、大した用もなく急に声をかけられると驚きますし警戒してしまいます。

 

 

声をかけるときは、女性から見て斜め後ろ、もしくは斜め前の角度からにしましょう。

 

 

これはお店の販売員がお客さんへ接客するときに、実際によく使われている手法です。

 

真正面や真後ろよりから来るよりも、自然に距離を縮めることができる角度だからです。

 

知らない人が急に真正面や真後ろから声をかけてきたとしたら、誰だって驚いてしまいますよね。

 

 

座席によっては後ろからや前から難しいといった場所でも、斜め横からなら比較的移動しやすいです。

 

声をかける時の声音は、やわらかくいつもより少しトーンを高めに設定。

 

 

落ち着いて、清潔感ある身なりで紳士な雰囲気を醸し出しましょう!

 

 

 

すぐに使える3つの声かけ例

荷物を見ていてもらう

 

こちらの手法は、比較的スムーズに会話のきっかけになりやすいです。

 

 

 

「すみません、仕事の電話が入ってしまって、少しの間荷物を見ていていただけないでしょうか?」

 

 

恐らく「嫌です」 と、答える人はほとんどいないはず。

 

「荷物を見ているだけなら・・・」 と、簡単なお願いなので聞き入りやすいです。

 

 

少しだけお店から出てスマホで話すそぶりをし、席に戻って荷物を見てもらっていた女性にお礼を言いましょう。

 

 

きっかけはできたので、そこから会話を続けていきます。

 

 

「ありがとうございます、助かりました。 もしよろしければお礼がしたいので・・・」

 

 

お礼にドリンクをご馳走してもいいですし、お腹が空いているかどうか聞いてみるのも手です。

 

 

 

シャー芯がないか聞く

 

相手の女性がノートを広げていたり、何か勉強をしているそぶりをしているときに使える手法です。

 

 

 

「すみません、もし持っていたらシャー芯ありますか?」

 

 

この場合は、自分が実際にノートや筆記用具を持って行く必要があります。

 

ただ、その分「本当に困っている男性」に見えます。

 

 

もし持っていれば、有難く頂戴してシャー芯を使い会話を続けて良いでしょう。

 

もちろん、お礼は必ずする前提です。

 

 

シャー芯1本とはいえ、もらったものです。 シャー芯1本でも、人にあげたくない人はいますからね。

 

 

もしシャー芯を持っていないと言われた場合は、先ほどの荷物を見ててもらう手段に変更です。

 

 

 

「そうですよね! 今から買ってくるので、もし大丈夫だったら荷物見ててもらえませんか?」

 

 

「それなら大丈夫」 と、大抵の女性は受け入れてくれるでしょう。

 

最初に大きい、もしくは難しいことをお願いしたあとに小さいお願い事をすると、人は受け入れやすくなるのです。

 

 

一回スタバを出て、実際にコンビニに行ってもいいですし、難しいようであれば「近くにコンビニがなかった」 と、理由をつけて帰ってきて大丈夫です。

 

道を聞く

 

街角でナンパをする「ストリートナンパ」でも多い手法です。

 

 

 

「すみません、もし知っていたら教えていただきたいのですが、◯◯ってこの辺にありますか?」

 

 

Googleマップで調べたら一発でわかりそうなところでも、「いや、すぐそこにあるじゃん」っていう場所でも構いません。

 

あくまでも話のネタです。

 

 

道を聞かれると、大抵の人は「この人、困っているから助けてあげなきゃ」と親切心が働きます。

 

 

声かけられた女性はその場所を知っていたら答えてくれるだろうし、知らなかったとしても何かしらの返事がしてくれるはずです。

 

 

場所を知っていた場合は、「教えていただいた代わりに、ドリンクを一杯なにかごちそうさせてください」とお礼を言えば、せっかくなので大抵は断らずにそのまま会話が続きます。

 

 

ドリンクの種類が豊富なスタバなので、「ちなみに何を飲んでいるんですか?」 と、聞いてみても会話が続くはずです。

 

 

もし聞いた場所を知らなかった場合は、そのスタバの最寄り駅を聞いてみてください。

 

 

「え、この人どうやってここに来たの?」 と、思われるかもしれませんが、女性側は恐らく電車で来ているはずです。

 

電車でなかったとしても、どうやって来たのかくらいは聞いても大丈夫です。

(家がどこまでを聞いてしまうのは、初対面なのでNGですが)

 

 

知らないから「そうですよね」で会話を終わらせてしまうのはもったいないので、なるべく会話を続けるようにしましょう!

 

 

カフェで好みの女性を見かけたら声をかけてみましょう

 

人は誰かに頼られると、そう簡単に断ることができません。

 

なにかお願いをしてそれが無理だったとしても、話せるきっかけにはなります。

 

 

「今何してるの?」 「今時間ある?」 と、ただ声をかけるより、女性に反応してもらえる可能性が格段に上がります。

 

 

ただお願いをして会話を続けるよりも、感謝してお礼をしてからのほうがあなたの初対面での好印象で残るはず。

 

 

例え無視をされたり嫌な顔をされたとしても、「次!」と気持ちを切り替えましょう。

 

 

相手が嫌がっているのに、会話をし続けても時間がもったいないです。

 

会話が続かなくなって気まずくなっても、連絡先を交換してまた別のカフェへ移動しましょう。

 

 

スタバは一日では周り切れないほど、たくさん店舗が存在します。

 

 

スタバの出会い方はナンパだとなかなか思われないので、この環境を最大限に活かして知り合うきっかけ作りをしましょう!

おすすめの記事