【悪用厳禁】ナンパ成功率がUPする!4つの心理テクニック

ナンパしても、女性から無視されるばかり・・・。

どうすれば、番号ゲットできる?

なかなか思ったとおりに進まないなあ・・・。

ナンパ初心者にとって女の子との会話は難しいですよね。

そんなときは心理学を利用し、相手に興味を持ってもらいましょう。

今回はナンパに応用できる心理テクニックを紹介します。

心理を知っていれば、声をかけてお茶に連れ出し、仲良くなってホテル入室という流れが作りやすくなります。

①フット・イン・ザ・ドア

「フット・イン・ザ・ドア」テクニックは押しに弱い女性に有効です。

まずは小さな頼みごとをOKしてもらい、徐々に大きな頼みごとをします。

人間は自分の行動に一貫性を持たせたいので、途中で断りづらいと感じるのです。

例えば、服屋に行ったときを思い出してみてください。

店員から

「今日はなにかお探しですか?」

と聞かれて、カーディガンと答えたとします。

すると、

「何色がお好みですか?」

「こちらいかがですか?」

と話が進んでしまい、結局購入する羽目になった経験はありませんか?

「フット・イン・ザ・ドア」はゴールまで少しづつ進んでいく方法です。

会話例

男「あのー、〇〇駅に行きたいんですが、どちらの方向ですか?」

女「あ、あの角を右に曲がると見えますよ。」

男「ありがとうございます!ここら辺初めてなんですが、おすすめのカフェも教えてもらえませんか?」

女「駅前の〇〇店が人気ですよ。」

男「〇〇店!ちなみにおすすめのメニューは?」

女「ん〜、〇〇ですかね。」

男「ありがとうございます、よかったらご馳走させてください!」

②ドア・イン・ザ・フェイス

「ドア・イン・ザ・フェイス」は「フット・イン・ザ・ドア」とは真逆のアプローチです。

最初に難しい要求をして、断られたら簡単な要求をします。

女性側は1回断っているので、自分で気づかないうちに

「申し訳ない・・・。」

と責任感・罪悪感を感じています。

そのモヤモヤとした気持ちを解消するため、2回目の交渉にはOKを出してしまうのです。

例えば、知り合いから

「10万円貸して!」

と言われたとします。

この提案に対して断ったとき、

「じゃあ1万円でいいから!」

と譲歩されたらどうでしょうか?

それならいいか、と思ってしまうのではないでしょうか?

「ドア・イン・ザ・フェイス」は責任感を利用する方法です。

会話例

男「いきなりすみません!めっちゃタイプなんで、結婚してください!」

女「はい?無理です(笑)」

男「じゃあ、カラオケ行かない?」

女「うーん、ごめんなさい。」

男「じゃあさ、そこのカフェでお茶しない?15分だけ!」

女「ちょっとだけなら・・・。」

③ダブルバインド

「ダブルバインド」はNOを言わせません。

日本語では「二重拘束」という意味で、選択肢はふたつだけに絞ります。

選択肢に「YES」・「NO」が存在しないので、断るルートがありません。

これは普段のデートや仕事でも使えます。

例えば、

「来週空いてる?」

と聞くよりも

「来週の水曜日か土曜日空いてる?」

と聞いたほうが成功率がアップします。

この心理テクニックを応用すれば、カフェ連れ出し・連絡先交換やホテル誘導も可能です。

「ダブルバインド」はあなたの思い通りに動かす方法です。

会話例

男「連絡先交換しようよ!LINEと電話番号どっちがいいですか?」

女「じゃあ、LINEで。」

④カチッサー効果

「カチッサー効果」は理由を付けて相手を納得させます。

人に何かしてほしいことがある場合、理由を伝えるだけでぐんと成功率が上がります。

ここで、アメリカの心理学者エレン・ランガーによる実験を紹介します。

コピーをとっている人に対して、先にコピーを使っていいか頼みます。

伝え方は以下の3通り。

  • A「すみません、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  • B「すみません、急いでいるので、先にコピーをとらせてもらえませんか?」
  • C「すみません、コピーをとらなければいけないので、先にコピーをとらせてもらえませんか?」

結果的に、承認率は

  • A:60%
  • B:94%
  • C:93%

となりました。

「急いでいる」という理由を聞けばOKされやすいのは、なんとなく分かりますよね。

しかし、「コピーをとらなければいけない」というあまり理由になっていない場合でも93%だという点に注目してください。

私達は正当な理由かどうかに関係なく、お願い事を聞いてしまうのです。

ちなみに「カチッサー」は、テープレコーダーの再生ボタンを押した時の「カチッ」と、その後に流れる「サー」という砂嵐を表しています。

理由を伝えれば(ボタンを押せば)、行動を起こしてもらえる(自動で音が流れる)ということです。

「カチッサー効果」は理由を付け足し、了承を取る方法です。

会話例

男「今度ご飯行きたいから、連絡先教えてよ!」

女「いいよ。」

まとめ

ナンパの成功確率をアップさせる心理テクニックを紹介しました。

  • ①フット・イン・ザ・ドア
  • ②ドア・イン・ザ・フェイス
  • ③ダブルバインド
  • ④カチッサー効果

この4つを組み合わせれば、声かけから連絡先交換・ホテル直行もスムーズに進みます。

人間の心理を上手く使い、女の子と楽しい時間を過ごしましょう。

おすすめの記事