【出会い探しに疲れたら】ナンパをやめたいと思った時の対策方法

ナンパを続けていてもなかなか上手くいかないもの。

声をかけても返事がもらえない・・・。

やっぱり僕(俺)には無理なんだ・・・。

まわりは彼女ができて楽しそうなのに・・・。

ナンパに疲れてしまったというあなた、気分を切り替えてみませんか?

今回は出会い探しに疲れたらやるべきこと3つを紹介します。

場所を変える

ナンパの成功率が低くて嫌になってきたら、出会いの場を見直してみましょう。

例えば、これまで渋谷・池袋・表参道をメインにしていたなら、銀座や新宿・恵比寿に行ってみてはいかがでしょうか?

他にもバーやクラブ・ショッピングモールに出かけてみるのもアリ。

友人と一緒に合コンや相席屋に参加するのも楽しいですよ。

時間もお金もあまりかけられない場合はマッチングアプリもおすすめです。

会える女性の年齢層やジャンルが変わり、違う反応が返ってくるはずです。

どこでナンパするかによって成功率が変わるので、さまざまな場所で試してみましょう。

自分の時間を大切にする

ナンパのために出かけるのが面倒だと思ったら、疲れている証拠です。

ナンパ疲れをリセットするために自分の時間を大切にしましょう。

旅行・料理・読書・カメラなど趣味に没頭しましょう。

筋トレやランニング・クロスバイクは気分転換はもちろん、男としての魅力を上げられるので一石二鳥です。

趣味の充実は、自信につながる・話題が豊富になるといったメリットもあります。

肩の力を抜く

「今度こそ連れ出し成功させたい・・・。」

「無視されたらどうしよう・・・。」

声かけ時は緊張と不安が押し寄せてきますよね。

ですが、力を入れすぎたり、ネガティブな感情を持っていたりすると女性は引いてしまいます。

オドオドしている・逆に鋭い目つきになっているなど、いつもとは違った雰囲気を出している可能性があります。

そんな状態では女性も「近寄りにくい」と感じてしまいますよね。

肩の力を抜いて、単純に会話を楽しむようにしましょう。

アドリブが難しいと思うのなら、事前にネタを仕込んでおくと安心ですね。

ナンパ前に、第一声からどのような流れに持っていくかを大まかにイメージしましょう。

自然体で話しかけることで、女性も気負わずリアクションしてくれるはずです。

まとめ

出会い探しに疲れて「ナンパやめようかな」と考えたら、ちょっと待ってください!

不安やストレスを溜め込んでいる状態なので、一旦リフレッシュしましょう。

  • 場所を変える
  • 自分の時間を大切にする
  • 肩の力を抜く

前向きな気持ちに切り替えることが大切です。

3つのポイントを押さえて、ナンパを再開しましょう。

おすすめの記事