【理想の彼女ゲット】ナンパした女性と付き合う!5つのポイント

「街で理想の女の子に出会えた!」

「どうしたらナンパした女性と付き合える?」

「彼女を作りたい!」

声かけから彼氏・彼女になるのは難しいですが、無理ではありません。

現に、私は2021年現在、渋谷でナンパした女性と付き合ってから3年目になります。

今回はそんな私から「ナンパからお付き合いに進めたい」と考える方のために、ポイントを紹介します。

女性に本気度を示し、お付き合いの了承を得ましょう。

ナンパから恋愛に発展する?

「本当にナンパした女性と付き合えるのか?」

と不安に思うかもしれません。

結論から言うと、出来ます。

ナンパからお付き合いをスタートさせたカップルは多いですし、最終的に結婚したという有名人もいます。

例えば、

  • 鈴木亜美さん(出会った場所は旅行先のバー)
  • 千原ジュニアさん(出会った場所は羽田空港の菓子店)
  • 麒麟・川島明さん(出会った場所はバー)
  • 川崎希さん(出会った場所は目黒駅)

はナンパがきっかけだったと公言しています。

また、冒頭でも触れた通り私は2021年現在、ナンパで付き合った彼女と3年目になります。

もちろんナンパからの出会いは、「遊び」だと思われがちです。

加えて、彼女側から見れば友人にも出会いのきっかけを聞かれた際に困るなどデメリットも存在しています。

しかし、ナンパは合コン・街コン・お見合いパーティーと同じ、出会いのひとつです。

それは間違いありません。

今の時代、マッチングアプリも流行っています。

これは個人差がありますが、ナンパした女性の中には

「アプリに出会いを求めている男よりも男らしくナンパしてくる人の方が潔くて好き。」

と言う方もいました。

社会人になると学生時代よりも出会いが少なくなるのは女性側も同じですし、社内など同じコミュニティ内では彼氏を作りたくない人もいます。

街での「こんにちは!」や「お疲れさま!」から恋愛につなげることは可能なのです。

ナンパした女性と付き合うために

では、ナンパから彼氏・彼女になるためにはどうしたらいいのでしょうか?

重要なのは「女性を安心させること」です。

信頼関係を築いてから告白すれば、OKをもらう確率は高まります。

5つのポイントを確認しましょう。

ポイント①体の関係を強要しない

ナンパをする理由のひとつとして、「遊び」が挙げられますよね。

声をかけた当日にホテルへ行く場合もあるでしょう。

しかし、本当にその女性と付き合いたいなら、無理強いなホテルへの誘いはやめましょう。

相手をセックス対象として見るではなく、相手の恋愛対象になれるよう行動すべきです。

形式的な拒否

もちろん強引に力づくでホテルに連れていくなどはもっての他です。しかし、1回目のデートであろうと男らしくホテルにリードして行って欲しい子。本当は行ってもいいんだけど強引にリードされたいから拒否しておく。など男性としては理解し難い思考の女性も結構います。

そのような女性の場合はホテルに誘うのが正解なのですが、本当に嫌がっているのかをしっかり見極めてください。
また、今回は「付き合いたい」という話になってくるので食事中などに今までの経験上、会ってその日に抱かれたけどその後真面目に付き合った経験があるのかないのかを確認する(*直接的に聞くのは良くないので、話の流れを誘導してあちらから話すように仕向けてください)などして女性がセックスとお付き合いの順序に対してどのくらい重要であると考えているのかを探っておいてください。

本当に嫌がっているのか形式的なのかの判断基準としては言葉よりも「行動」に焦点を当てて考えてください。
基本的には口では拒否していてもホテルの方に自分が歩いていくと手を繋いでいなくてもついてきたり、手を繋いでいて特に強引に引っ張らなくても繋いだままでいてくれるのであれば問題ないです。

ただし、捕まるのが一番のリスクになるので微妙な場合はやめておきましょう。

軽い気持ちでとりあえずお持ち帰りするのはNGです。

セフレや都合の良い男候補になるか、最悪、音信不通(LINEブロック)になります。

基本的に無理はせずに、最初はカフェなどで仲良くなったり、カラオケで関係を深めた上で次回のデートを決め、連絡先交換をするのに留めておき、デートや電話を通して関係値を高めましょう

しかし、ずっと体の関係に発展させないと男女関係になりにくくなります。

徐々に関係値を深め、手を繋ぐ。キス。セックスと段階を踏みましょう。

ここで注意なのは、どこに付き合っても良いラインはあるのかは女性次第ということです。

 

  • 付き合う前に手を繋ぐなんて無理。
  • 付き合う前に、キスは嫌だ。
  • 付き合う前にセックスは嫌だ。
  • 付き合う前にセックスの相性を確かめたい。
  • 自分から積極的にキスしてきてくれる男らし人じゃないと無理。

 

このラインは女性から引き出した情報をもとに割り出すしかありません。

もちろん最初は失敗することも多いと思いますが、失敗から学び、こういう考え方の人はここが付き合うラインなのか。

と学んでいってください。

体の関係を急ぐ必要はありませんし、強要は絶対にダメですが、適所で行うことで恋愛へ発展しやすかったり付き合ってからの関係に良い影響を与えます。

ポイント②ナンパは減らす

あなたが真剣にお付き合いしたいと考えていても、女性は不安でいっぱいです。

「他の女の子にも気軽に声をかけているんじゃないか・・・。」

「浮気するんじゃないか・・・。」

「付き合えるなら誰でもよかったんじゃないか・・・。」

ナンパは、どうしても「チャラい」・「軽い」のイメージが付きまといます。

向こうから、

「付き合うならナンパはやめてほしい!」

と言われるケースもあります。

女性を安心させたいなら、今後ナンパは控えたほうがよいでしょう。

付き合えたとしても、自己研鑽のため、女性との繋がりを仕事につなげるためなどの理由から続けていきたい場合は、

彼女の学校や職場、近い年齢の人が行きがちな場所(友達に見つかる場合もあるため)は避けましょう。

一番疑われるのは、付き合った女性と出会った駅近くです。

どこでもできるのがナンパの利点の一つですのでどうしてもし続ける場合は場所を考えましょう。

 

ポイント③女性を笑顔にする

お付き合いの判断において、一緒にいて楽しい時間を過ごせるかどうかは重要です。

食事をする・カラオケなどに行く際も、女性が笑顔になっているかを常に確認しましょう。

話を盛り上げ、レディーファーストを心がけることが大切です。

大げさなことではなく、

  • 褒める回数を増やす
  • リアクションを大きく取る
  • 聞き上手になる

といった、ちょっとしたことで構いません。

逆にやってはいけないのは、自慢話・批判です。

女性は共感を求める生き物です。

相手に興味を持ち、相づちを打ち、会話を広げていきましょう。

ただし、自慢話ではなく「尊敬される話」は効果的です。

尊敬される話の仕方

尊敬される話をするには、まず、自分から話を振ってはいけません。
正確にいうと自分の得意分野の話題に誘導はしても、自分がその分野が得意だから振ったと勘づかれてはいけません。(経験が多い女性はここの勘が鋭い傾向にあります)なので、自分の得意分野に合わせて直接的に話すのではなく、まずは相手に話させます。
この時に重要なのが「質問をしない」ことです。

例えば、自分の仕事が尊敬されやすい医者などの仕事であったり、経営者だったりする場合は、直接

「仕事は何しているの?」

とは聞きません。

「なんか動物好きの顔してるし、トリマーとかやってそうだよね。で、よく犬の顔を変顔にして遊んでそう。」

などと相手に合わせて軽めのユーモアを加えたコメントをします。

そうするとほとんどの場合は、

「トリマーじゃなくて、ナースだから(笑)犬は好きだけどね。逆にお兄さんは何してんの?」

という話の流れになる場合が多いのでここで自分の仕事の話をします。

もちろんここで詳しい話をしたり意味のわからない専門用語を使った話などはNGです。

あくまで簡単にさらっと別に何もすごくないですよって感じで「お医者さん」などというと良いかと思います。

これは例なので、使える人は多いわけではないと思いますが、趣味であったり、低い偏差値高校からMARCH以上の大学に入ったなど自分の強みを探して用意しておき、うまく使い分けてください。

それに加えて、

  • 無理している感がないか
  • 自分自身が楽しんでいるか

も重要になります。

あなたが楽しんでいないことや無理していることはすぐに相手に伝わります。

自分が楽しむことをまずは意識してください。

あなたとの時間が「楽しい」、「もっと一緒にいたい」と感じてくれれば、パートナー候補に近づくはずです。

ポイント④正直に話す

ナンパを成功させるために、見栄を張る・嘘を付く人もいますよね。

例えば、

  • 年齢
  • 職業(勤め先・肩書)
  • 年収
  • 婚姻歴(既婚者・彼女持ち・フリー)

など。

相手の女性は何も知らないですし、確かめる手段もありません。

嘘を言うのは簡単です。

しかし、本気で付き合うとなったら、いずれバレます。

ずっとバレないようにするためには辻褄が合わなくなるたびに嘘を積み重ねることになります。

辻褄合わせは段々キツくなり一挙に崩壊してしまうのです。

また、例え嘘だと気づかれなくても、好きになればなるほど罪悪感に押しつぶされるでしょう。

後になって真実を伝えれば、女性からの信頼を失い、結局お別れすることになりかねません。

最初から嘘はつかないほうがベターです。

ポイント⑤連絡頻度はほどほどに

ナンパで連絡先をゲットしたからと言って、頻繁に連絡してはいけません。

例えば、

  • 夜にいきなり電話する
  • LINEを何度も送る
  • 返事を催促する

などをすると嫌われます。

特に、当日に「今日ヒマ?」「これから時間ある?」と聞いてしまうと、女性側は

「必死だなあ・・・。」

「体目的なのかなあ・・・。」

と感じます。

付き合いたいからこそ「会いたい」と強く思うその気持ちはわかりますが、グッと押さえましょう。

女性の予定に合わせ、事前に日程を決めるのが吉です。

しつこく連絡すると、お付き合いから遠ざかります。

まとめ

タイプの女性と付き合いたいですか?

それならナンパしましょう。

街で見かけた女の子に声をかけて、交際そして結婚した男性もいます。

ナンパからお付き合いに発展するためには、相手を安心させられるかが重要です。

  • ポイント①体の関係を強要しない
  • ポイント②ナンパは減らす
  • ポイント③女性を笑顔にする
  • ポイント④正直に話す
  • ポイント⑤連絡頻度はほどほどに

ナンパがきっかけだとしても、素敵な彼女をゲットすることは出来るのです。

おすすめの記事